TOPICS

平成27年度 九州地方会についてのお知らせ

本学会では来る12月6日(日)に九州地方会を開催いたします。

自然があふれる九州ではアロマセラピーに関する様々な取り組みがされています。鹿児島で約70年にも及ぶ歴史をもつ天然香料の農場および工場で園長を務める宮崎泰先生の教育講演を始め、各領域で様々な職種によるアロマセラピーからのアプローチについて考えていきたいと思います。

ぜひとも皆様のご参加をお待ちしております。

『各領域のアロマセラピーからのアプローチを考える』

日程 平成27年12月6日(日)
場所 宝山ホール 第3会議室 (鹿児島市)
定員 100名
会費 会員4,000円 非会員5,000円 (かれい川弁当代 込み)

参加申し込みはこちらから

プログラム

10:00~ 開場
10:30~10:35 開会の挨拶
10:35~11:05 トリートメントセミナーと認定制度について(神保先生、所澤先生)
11:05~11:10 カメラ準備
11:10~12:00 「患者・利用者の症状に寄り添うアロマトリートメントとは」(実技)
所澤いづみ先生(メディカルアロマ&リフレ Tori 代表)
12:00~13:00 昼休憩
13:00~13:45 教育講演 1
「鹿児島における天然香料小史」
宮崎泰先生(開聞山麓香料園園長)
13:45~14:45 教育講演 2
「脳神経疾患に対する匂いの応用」
神保太樹先生(トリノ大学医学部&星薬科大学先端生命科学研究所ペプチド創薬研究室)
14:45~15:00 休憩
15:00~16:30
  • 「重心児・者に対する頚部トリートメントの検討と今後の展望」
    小菅浩史先生(はまゆう療育園 小児科医)
  • 「両下肢浮腫みに対する芳香蒸留水の効果の検討」
    安永悦子先生(やすなが整形外科 副院長)
  • 「女性医療の中のアロマセラピー ~関連学会の中でのアロマセラピーの伝えられ方~」
    岩下弘美先生(あすなろ薬局 薬剤師)
  • 「整形外科患者におけるアロマセラピーの有効性と問題点を考える」
    入江愛先生(天神南クリニック 理学療法士)
  • 「リモネンの特性と香りの持続性」
    谷口欣平先生(すばる薬局 薬剤師)
  • 「スポーツアロマセラピーによる選手ケア・甲子園帯同報告」
    川畑真希子(メディカルセラピーサロン レイライン 代表看護師)
16:30~16:40 閉会の挨拶